健康・美容のための情報ならココ!女性のためのブログ

スキンケア ケミカルピーリングの種類について

ケミカルピーリングで用いる薬剤には、幾つかのパターンがあります。日本の皮膚科や整形外科などでよく使われるAHAと、BHAについて説明しましょう。ケミカルピーリングで良く使われるAHAと言うのは、りんごやみかんなどに含まれている酸の一種で、フルーツ酸とも言われているものです。フルーツ酸は果物からつくる酸であり、肌への刺激が少ないことが大きな魅力です。フルーツ酸入りの石けんやローションもありますので、ケミカルピーリング以外でも利用する機会がある成分でしょう。ケミカルピーリングに使うことが多い薬液にサリチル酸があり、これはBHAともいいます。皮脂に近い成分構成なので、ニキビの治療などにも使っています。こちらのBHAのほうは、ケミカルピーリングにはとても効果です。刺激が強く、薬剤である酸が皮膚に浸透しすぎたりすると肌トラブルを起こすこともあり、日本ではあまり使われていなかったようです。しかし、この頃は日本でもBHAがよく使われています。肌に優しいBHAが、ケミカルピーリング用につくられたためです。最近では、ケミカルピーリング用の薬剤はAHAやBHA以外のものが開発されています。使う薬剤は、医療施設によって異なっています。ケミカルピーリングを受ける皮膚科や整形外科選びに際しては、その施設が取り扱っているケミカルピーリングの薬剤の種類も確認してください。


ケミカルピーリングのトラブル



コストパフォーマンスがよく、施術時間も短く済むために、ケミカルピーリングは気軽にできるという利点があります。簡単に出来る施術であっても、全く肌にトラブルが起こらないという訳では無いようです。ケミカルピーリングをするためには、薬剤を使って角質層を剥がすわけです。強い薬液を使うことで、ケミカルピーリングの効果を高めようとすることがあります。薬液が肌に対して強すぎたために、火傷のような化学熱傷という状態になってしまうという場合があります。お肌に残っていてほしいものも、薬液の効果でなくなるという場合を指します。角質層には、肌を外部の刺激からガードする保湿成分などがあります。ケミカルピーリングの後は保湿成分が少なくなっているので、乾燥しやすい肌やしわができやすい肌の状態であるとも言えます。ケミカルピーリングの後はしっかり保湿をすることが重要になります。施術前は、紫外線を受けない状態でいることも重要になります。刺激を受けると反応してメラニン色素をつくる部分が皮膚にはありますが、角質層がケミカルピーリングで減ると、刺激が直接いくようになります。肌をきれいにするためのケミカルピーリングで肌を傷めてしまうことがないよう、施術の後は太陽光に肌をさらさないようにすることや、お肌の保湿に気をつけることを重視してください。

 

サイトマップ